2017年10月

小さな森の販売所 72

2つの台風が過ぎ、矢作川はまだまだ増量中。

山は少し色づきはじめました。

 

朝は寒かったけど、今は暖かい 洗濯日和。

トンビも、太陽に向かって羽を広げ 乾かしています。

秘密結社のマークみたい(*^^*)

 

最近噂を聞きませんが、トレンチコートの前をはだけるオジさんはまだいるのでしょうか?

小さな森の販売所 71

この大きさで12円だって。おトクー。

ポリッキー って名前だと、ポッキーみたいだけど、

これはプリッツだよね?

プリっとおいしいプリッキーに改名すべきだな。

 

いただきます。

 

なんだ、、これは、、

これは、うまいのか?

 

塩味だと思ったら、甘かったって言う、いちばんダメなパターンだ(´-`)

ジャガイモじゃなくて サツマイモで作ってるのかな?

あー、コーン味って書いてあるじゃん。

たしかに、コーンスープの味だ。

 

ビミョーだなー。

コーンスープの味なんだけど、サツマイモのような甘さとバターの塩味も感じる。

 

ナゾだから、もう一袋食べてみる。

なにかの間違いかと確かめたくなる味だな。うん。

こういう事ができるから 安いのはいいね。

 

うーん、なんか、食べてたら、だんだん普通になってきた。

これは、こーゆーあじだな。

食べる前にプリッツを想像してたから、いけなかったんだ(*^_^*)

 

先入観は悪ってことで。

 

 

小さな森の販売所 70

いいっすねー。

ブランド感をブランド感で表現する感じ。

写真を撮ろうとすると、どうしても私が写り込んでしまう、この輝き。

型押しのウシ具合。

 

980円です。

神戸牛の980円か、

神戸牛ブランドの980円か、

パッケージコストの980円か。

 

なんか、だんだん980円じゃ安過ぎるような気がしてきた。

小さな森の販売所 69

新入荷の「前沢牛らーめん」を食べてみた。

 

前沢牛らしく高級そうで、おしゃれなパッケージ。

前沢牛カレーはたくさんあるけど、ラーメンは初めて。

麺は細くて、茹でる前の細かいちぢれ具合は芸術的に美しい。

このちぢれ具合もデザインされているのだろうか?

 

小袋を開けて、スープの素を絞り出すと、小袋の中にまだ何か残っている感触がある。

固まった脂か?しまった!温めてもみしだく必要があったのか。

いや、違う。このつぶつぶ感。ひき肉だ!

これはすべて出さなければならない。

小さく切った口にお湯を注ぐ。

 

いただきます。

 

甘い。私の大好きなひき肉の甘辛煮の味だ。

牛肉の甘さが凄い!さすが前沢牛!その名に偽りなし!

 

だが、ラーメンにしては甘過ぎるのではないだろうか?

この味はラーメンなのか?

パッケージ裏面に、

「岩手県前沢牛を使った濃厚な味わいのオリジナル醤油スープ」と書いてある。

そうか、個性か。

この味でなければ、前沢牛を入れた意味がない。

この味でなければ、前沢牛らーめんを名乗る資格がなくなるのだ。

 

うちの店では、ラーメンにワカメとナルトをトッピングするが、このオリジナル醤油スープに合っているのだろうか?

などと考えながら半分も食べると、甘さもそれほど気にならなくなり、ちゃんとラーメンの味がする。

 

ごちそうさまでした。

 

しかし、まだ私の鼻腔の奥には、ウシが横たわり、じっとこっちを見ている。

 

 

 

 

小さな森の販売所 67

奈良県の 一三〇〇年カレー!!

 

パッケージ裏面の文章がいいです。

 

右下の辛さレベルに

「辛味順位表」って書いてあるの

花が開くと色づくのね。

 

小さな森の販売所 66

大変申し訳ありません。

10月の予定が間違っていました。上の写真が正解です。

 

①12日(木)ではなく、11日(水)がお休みです。

②15日(日)はお休みです。