• メールで問い合わせ・ご予約
コンテンツ

あさひについて

障害を持った人たちも
楽しく生活
していくために
どんなに障害が重くても(生きる権利はある)

MESSAGE

世の中には、高齢者も男も女も子供もいます。
その中には、彼ら彼女ら(障害児・者)がいて、多くの健常者よりも、少人数の障害を持った人たちが生活しています。
彼ら彼女らは、いつもひっそりと生きています。 どうして彼ら彼女らは日の当たる世界で生きていくことができないのでしょうか。
みんなと一緒に楽しく生活していくことができないのでしょうか。

私たち健常者は自分の生活を少しでも豊にするために、生活環境を整えたり、仕事(収入)をしたり、楽しく生活していくために様々な努力をしています。
彼ら彼女らの生活は、一般的に健常者と呼ばれている人たちとは生活環境が違っています(様々な努力すらできない環境)、彼ら彼女らも私たちも、楽しく生活していきたいと願っている点では同じなのです。

「NPO法人あさひ」は、家族の人たちも含め、どうしたら彼ら彼女らが楽しい生活を送れるかを目標に考え、一歩一歩実行していかなくてはならないと考えています。
人生は一度しかありません、いつも苦しい思いばかりではなく、人間として生まれたのだから、自分らしく楽しいと思える生活を考え、生きていけたらと願っています。

高齢者も子供も障害児・者も健常者も、いろんな人がいて社会が成り立っています。
みんながコミュニケーションをとりながら生活していくことができたら、高齢者になっても、両親がいなくなった子供や障害児・者がいても安心していける社会が築いていけると考えます。

いつかは、誰でも高齢者になり障害者になります。

笹戸ハウス

笹戸ハウス

いこまハウス(地域生活支援)

いこまハウス

 

ページ上部へ